(更新2)
公式Youtubeで、ユノの出演する日程のお知らせがありました!

06
05
19
55




ーーーーーーーーーーーー

(更新1)
10月1日にクムアムドン会場で行われる前夜祭に、
ユンホも参加する。

(訳)韓国最大の軍フェスティバル!
遊びに来てください〜
>芸能人出身へ位置達との出会い
シンドン、ウニョク、ソンミン、東方神起ユンホ、イ・スンギなど
>10/1  [前夜祭]ユンホ出演
>10/3  [ユノと共にするミリタリーダンスコンテスト]


39
58
21




クムアムドン会場の場所

鶏龍(ケリョン)駅を出て、1kmほどの距離にある、
クムアムドンホームプラスの周辺。
駅を右に出て、カーブを過ぎ、食堂と建物の後ろにホームプラスがある。


http://www.m-festival.org/0303/view/id/293

クムアムドン会場は、ホームプラス前4通り - クムアム4の距離まで
400m区間を車のない通りに運行しており、

クムアムドン会場特設ステージはクムアムドンホームプラスの前に位置しています。


48f372277901b0aa06a0a7e0dc6b4f0b

ーーーーーーーーーーーー

2016年10月2日〜6日に   鶏龍(ケリョン)市で行われる
「地上軍フェスティバル」にユンホが参加する。

イ・スンギ、SuperJuniorからは、シンドン、ソンミン、ウニョクも参加。

今年(2016年)の地上軍フェスティバルのHP
http://www.armyfest.or.kr/2016/
http://www.m-festival.org/

去年(2015年)の地上軍フェスティバルの様子はこちら
http://tvxq.publog.jp/archives/1041442511.html

40

【スケジュール】*赤枠内がユノが参加するイベント

↓クムアムドン広場で開催されるイベントの時間が変更になりました(9/22)

42


非常滑走路(メイン会場・地図の29番)で行われるイベント
10/2 開幕式
   芸能人勇士公演
10/3〜6    芸能人勇士公演

クムアムドン会場で行われるイベント
10/1  前夜祭
10/3  ミリタリーダンス本戦(広報ブログによるとユノが来る予定だそうです)


【地図】
*メイン会場  29番(地図上の番号が抜けてますが^^;、一番右端です)

event_map

sub0204_img01
↑クムアムドン会場(地図右下)は、鶏龍(ケリョン)駅から1km程度の場所




↑2016年地上軍フェスティバル広報映像(チョンユンホ編-情熱)

「ユノユンホと共にするミリタリーダンスコンテスト」は、
7分の持ち時間の中に、『私が守る祖国』を必ず入れるという条件つき。
ユノが審査員を務める。

【関連記事】

↓迷彩軍服でステージ初披露! 『私が守る祖国』の軍公式MV&フル動画到着!

http://tvxq.publog.jp/archives/1058685826.html 

Ⅰ。大会概要

○大会名:ユノユンホと共にする第1回鶏竜ミリタリーダンスコンテスト

○大会日程

    - 予選:2016年10月 2(日)

     - 本選:2016年10月3(月)

○場所:予選(後日お知らせ)、本線(祭り会場)

○参加チーム

     - 予選:19チーム(軍将兵部5チーム、一般の部14チーム)

       ※軍将兵部(陸軍本部計画に基づき、別途5チーム選抜)

     - 本選:12チーム(着用兵部5チーム/一般の部7チーム)

○授賞:12チーム(賞金総額22万ウォン)

     ※対象(1チーム)、最優秀。優れた(将兵/一般それぞれ2チーム)、奨励(出場7チーム)


Ⅱ。コンテスト推進計画

○振り付け方向

       ※私は守る祖国(2分30秒)を必ず含む7分以内の創作ダンス

   - 推奨:祭りの意味がダンスで滲み出てくることができるよう義務付け

     ※表現できる衣装、音、フレーズ(プラカード、pop)または関連する音楽を挿入してダンス演出

         

○ダンスジャンルの参加範囲(ジャンル制限なし)

     - 韓国舞踊、現代舞踊、生活舞踊(ジャズダンス、ベリー、放送ダンス、ストリートダンス、スポーツダンス、ヒップホップ、ワーシップダンス、テコンドーダンス)など

 

○参加条件

     - チームの構成人数:12名以上(20人以上加算点付与)

     - コンテスト時間:7分以内(冒頭、スローガン、音楽などを含む)

        ※7分を超えた場合の音響自動ブロック

    

    

Ⅲ。受付方法

  ○参加規定

     - 参加部門:軍将兵部、一般の部

     - 参加人数:最低12人以上のチーム

     - 公演:7分以内/選曲は自由曲CD(公演用1個)とUSB持参

      ※選曲(1トラックに指定)、7分以内に将兵歌謡(私は守る祖国)必須

       

Ⅳ。審査及び授賞

○審査基準

審査基準(4つの部門)

配点(10点)

動作の構成

▪動作の原動力、技術性 2.0

創造性

▪表現の多様性、創造性 2.0

テーマ性

▪軍文化を象徴するモチーフ表現 3.0

観客と相互作用

▪観客の呼応と一緒に演出 3.0

※20人の参加時0.5点の加算点/ 30人以上の参加時に1.0点の加算点

 

○審査要領

     - 単純な模倣やまねではなく、純粋な創作作品に比重を置いて審査する

     - 審査員:ダンス関連の名士5人(未定)

       ※ユンホなど著名人の5人で構成

     - 配点で同点の場合、観客との相互作用の評価が高いチームまず、

        その後も同点の場合、多くの人数の参加チームが優先される。