【更新2(9/30)】
コットンフェスティバルのレポートが楊州市のブログにアップされた。

ステージのマナー、そしてファンのマナーの良さに驚いていたようだ。
IMG_9660
IMG_9675
IMG_9692

「ファンと芸能人のマナーに成熟した公演文化を見て驚いた。
夕方6時からの公演に、ほとんどのファンの方は午前中から来て、リハーサルに腰を据えていました。
たくさんの日本人、中国人観光客もここを見つけてくださいました」


IMG_9465

「リハーサルの時も本公演のように席に座って応援して反応してくれるだけでなく、
芸能人が移動してもマナーを守り、祭りを楽しんでいました」


ーーーーーーーーーーー
【更新1(9/19)】

9/18の楊州市「第4回コットン(綿繊維)フェスティバル」で、
4人の軍楽隊の仲間とマイクを持ち、
バンドメンバーと共にステージに立ったユノ。
自分たちを「ブルムリ神起」と紹介。

31

セットリストは、

Mirotic →
HUG →
Dream →
Love in the ice

 

↑ステージに上る前。ユノの紹介


MC:次は美男子バンド、東方神起のユノユンホ~。「ブルムリ神起」がスタンバイしています。

前列にいらっしゃる市議長と副市長が、一番喜んでいるようですが…ファンですか?

いや~「ブルムリ神起」が相当なプレッシャーの中登場してきます。

皆さん今からがスタートです。
ブルムリバンドからチョン・ドンハまで素晴らしいステージが待っていますので、最後まで席を立たずにですね…。

では皆さん、一緒にユノユノを呼んでみましょう。私が「ユノユノや~」と言ったら「出てきて~!」と叫んでくださいね



↑Mirotic


↑Mirotic

↑MC1
「僕たち、皆さんと楽しむために個人の時間を使い、徹夜で準備をしました。

ちょっと足りない部分もあるかもしれませんが、多目に見てくれますよね?」

ーーチョンユノ二等兵さん、今回は二等兵としていらしゃいましたね?どんな気持ちですか? 軍隊に来てみて。

軍隊というところは男子が男子になるために必要なところのようです。
そのためか東方神起として最初にデビューした頃が懐かしく思い出しました」

「あちらの方で『ホッ』と言っていましたが『ホッ』ではないですよ。
正確にはH・U・Gですよ~!ヒュジでもないですよ、ハグです、ハグ!」

「HUGの歌詞がプロポーズ用にもよく使われるのですが、今日独り身の方にはこの歌を聞いて頂いて、楊州市で新しいご縁があるといいですね。では次の曲にいきます」


↑Hug


↑Hug


↑Hug

 
↑MC2・振付けを教えるユノ。

「時にはアドリブ、時にはかっこいい男性美やセクシーな一面も見せて、これがコンサートの面白さだと思うのですが、皆さん楽しいですか?」

「三等兵イ・ドンヒョン…、次の曲はドラムが大事ですよね。
(ボトルを落とすユノ)
こんな時は、こうして転がしましょう。
さて、今日はどんな覚悟で皆様に楽しんでいただこうと思っていますか?」

[ドラム]今日はチョンユンホ二等兵のためにドラムを…

「はい、男らしい。僕と同じく唯一30代のパク一等兵です。いかがですか? 楽しんでますか?」

[ギター]えぇ、楽しんで…

「本当にかっこいい男の一言でしたね。
次は、恥ずかしがり屋のパク三等兵、心意気を」

[ベース]え〜、チョンユノ二等兵が…

「あ~本当にナイスなコメントでした」

「では先ほど『あの』で終わってしまった、イ三等兵」

[キーボード]あの…

「そうですね、やはり「あの」。
男は、「あの」からスタートするものですね。
ではもう一度…」

[キーボード]公演ラストまで一生懸命頑張ります。

「実はこの後が一番楽しくて、愉快なステージになるのではないかと思っています。
僕が、腕を回して力強く上に伸ばしたら…一緒にやってみましょうか。
腕を回して上に突きあげて、アイアイアイアイ!と叫んでくださいね。わかりましたか?」

「自分が抱えるストレスを、すべて吹き飛ばしてください。今日は大変だった!今日は叱られちゃった!俺の妹、私の娘、息子よ、親の気持ちを理解してくれ!……すべてのストレスをこの歌で、吹き飛ばしましょう!」



↑Dream


 

↑Love in the ice・なぜか手をつないで歌う 〜Ending

「次はバラード曲なんですが、みなさん僕達のステージが終わっても最後まで席を立たないと約束してくれますね?」

[ボーカル]チョンユンホ二等兵が配属されて日も立っていませんが、
立派な大韓民国の兵士なので、この公演が終わると派兵先に向かいます。
大きな舞台で国軍将兵のために広報任務に就きますが、
気をつけて行ってくるように拍手を送ってください。

帰ったら26師団軍楽隊のメンバーとして皆さんにお会いすることを約束しながら、
最後の曲Love in  the Iceです」


44
33
↑2:20〜
 
 

最後に再びステージで挨拶。

「僕にとっては先任の方々であり、26師団のため、そして
祖国のために常に見えないところで頑張っている将兵の皆さんに、大きな拍手をお願い致します。

『一日一日を特別に過ごせば、人生は特別なものになる』という言葉がありますが、

これからも私たち26師団将兵たちも、そしてここにいる皆さん方も、

次にまたステキな想い出をつくることを約束しながら、今日は本当にありがとうございました。

そしてここにいらっしゃるMCの方がしっかり導いて下さったことに感謝しています」


↑日本語字幕つき、28分


↑Dream(リハーサル)

 

↑Dream(リハーサル)


↑Dream(リハーサル)

 

↑リハーサル・記念撮影



ーーーーーーーーーーー

楊州市の第26師団軍楽隊に所属するユノが、
9月18日の揚州市「第4回洋酒綿繊維フェスティバル」の開会式で挨拶する予定であることが、
州市のFACEBOOKで告知がありました。
https://www.facebook.com/Yangjucities/videos/vb.570557062988995/1076909369020426/?type=2&theater

「もう楊州に住んでいる #ユンホ #Yunho が楊州市代表祭りに来ないはずがありますか? 笑
18日金曜日!  開幕式に皆さんに挨拶を致します。 7時に出演予定だといいます。
広い会場がユノ・ユンホのファンでぎっしり埋まるかもしれませんね。
急に決まってもっと詳しい事項は出次第、書き込みでも教えてあげますからね。
気ななることがあったらいつでも聞いてください。
あ!  添付した動画は過ぎた9月5日、'市民と国軍将兵のための音楽会'で撮影した映像です。
使用許諾してくださってありがとうございます」


第4回洋酒綿繊維フェスティバル
http://www.yangju.go.kr/site/tour/sub.do?Key=4000  

CO8YZ73UEAA5jRU
CO8YZ76UsAA6oAi
CO8YZ8AVAAAu0rB


9月5日の「楊州・市民と国軍将兵のための音楽会」にMCとして参加したユノ
ですが、
州市民としてもひっぱりだこのようです^^