舞台監督を務めたジェウォンさんがINSTAGRAMを更新。
動画です!

https://instagram.com/p/4o-8ViR_3s/
 ←動画はこちらから

32
16

タイトだったスケジュール。
練習もたくさんできず、リハーサル現場で作ったMaximum.
大変でしたが、ユンホも僕も逃したくありませんでした。
僕らの欲でしょう。
練習初期のリハーサルの映像です。
別途撮ったのもなく、これが初めてであり、最後の収録映像ですね。
どこにも見られない振り付け?
誰も知らないと思って共有しますㅎㅎㅎㅎㅎㅎㅎㅎㅎ

ーーーーーーーーーーーーーーー
36
https://instagram.com/p/4o9exNx_1R/ 

エピローグを始める前に、'東方神起'というチームは、私には特別な意味があるチームです。
まず、私をずいぶん前から選択して信じてくれたチョン・ユンホ、シム・チャンミンこの2人の友達に大きい感謝を伝えます。
私というつまらないひとりの人間に、 東方神起という大きなチームのタイトルは 
実は初め、私にはあまりにも大きな負担と無謀な挑戦だったようです。
数年間、莫大な公演の経験をしてきたが、 
以前から大きなタイトルを持った東方神起というチームのステージディレクティングをやってきたけど、当時、コンサートの総演出には経験が全くなかった私と、
手を握って初めて一緒にコンサートを作るという自体がお互いにあまりにも大きな冒険でした。
それにもかかわらず、少しの疑惑もなく、 
私一人を信じて付いて来てくれたメンバーたちとスタッフの方、
コンサートの準備期間中に近いところでバックアップしてくれた
公演チームのジェウォンさんヨヌさんキヨンさん、 
ドリームメーカー キム・ソンハク社長と 
見えないところで苦労している立派なスタッフの方
そして多くのプロダクション監督らその他スタッフの方 
そして、私には大きな夢だった良いチャンスを・・・ 
現実にすることができるように手伝ってくれたヨンジュン兄と
私のヒョン、サンフン兄に大きい感謝を伝えます。
-
#少し遅れた
#Epilogue
#TVXQ
#T1st0ry
#文章を書くのが世の中で一番難しいよう
#前モムスているのを好きです
#不足した文を読んでくださって感謝します
#親指チャックはユンホの事

ーーーーーーーーーーーーーーー
32
https://instagram.com/p/4pBC9HR_7v/

TVXQ!-[T1st0RY]エピローグ
 
東方神技の今回の[T1st0ry]コンサートは 
最も最近発売した[Ten]のアルバムを基盤に置いて考えた公演です。
アルバムでもイメージしたように、
今度のコンサートでは2人の友人が駆けてきた時間の跡を描いて表現したかったのです。
アイドルからアーティストに発展する二人。 
この二人の男のストーリー[History(his-story)]を表現したかったのです。
 
そして時期的に、しばらくさよならを告げるコンサートになると思って
観客たちとの呼吸と疎通に重点を置いて 
この2人の友人の心と心の中の話を
観客たちに心からに伝えることのできるコンサートを作りたいと思いました。
 
それで'この二人の男の過ぎ去った時間'という枠組みを置いた[History(his-story)]を 
東方神起にふさわしい名前として再誕生させたかったし、
チームの名前である[TVXQ!]と、
アルバムの[Ten]のTと、
[Ten]の数字の意味である10を名前に合致して
[T1st0RY]という名前が誕生するようになっており
コンサートの本質を盛り付けることが基本枠組みも誕生することになりました。
そしてここでもう一つの重点。キーポイントは[T1st0RY]にふさわしく、各セクションごとに'T'で行われるセクションが存在します。



ーーーーーーーーーーーーーーー
18
https://instagram.com/p/4pB0YGx_9d/ 
ルフィの衣装を着て初めて撮ったショット

36
https://instagram.com/p/4pCks-x_-8/
サバの後ろ姿

02
 https://instagram.com/p/4pEIONR_x1/ 
アップしようか悩んだが書く。
シウミンに着せる最初のサンプルを着用したチャンサバ
修正前なので顔が入る穴が小さくて、もっと可愛く撮られたようだと話してください。
私が悪口を言われないように…
#個人所有用だったが、持っていってください
#かわいがってください

ーーーーーーーーーーーーーーーー
20

https://instagram.com/p/4pG8b-R_2o/ ←動画はリンク先へ 

TVXQ!-[T1st0RY]エピローグ
 
実は私が今度のコンサートの総演出を担当しながら
最も先にしたかったセクションは、アコースティックセクションでした。
 
このセクションを通じ、メンバーたちとから観客の方々
みんな一緒に海と山に出かけて
全部一緒に一つになって率直な心を分けて、
共感という暖かいぬくもりをみんな一緒に共有する美しさを描きたい、、
2人の友人の開始から今までの音楽の話をデジタルサウンドがない 
ただ彼らの声の響きだけで観客らに近づいてみたくなりました。。
 
そうして私たちは音楽の中に二人の男の率直な本音と心を自然に溶かしたし、 
これまで、東方神起はアイドルからアーティストとして発展しながら保管した実力と、 
また、観客たちがひとつになって出てくるその美しい雰囲気を高めたいという気持ちで、
以前公演にやってきたスタイルとは少し外れたスタイルを試みてみました。
 
わいてくる心配と懸念、
そして"果たしてやりこなすことができるか"という意見の中で
私は二人の友を信じたからこそ、信じて強行することにしました。
もちろん最初の試みなる舞台となり、
メンバーらもまた不安な気持ちと心配もしたが、 
バンドさんたちとの呼吸が次第に濃くなり、
メンバーたちは一つのチームになって動き始めたし、
一緒に力を入れて行く時間が経つほど
パフォーマンスや東方神起が表現しようとするストーリーは 
ますます強くなって行きました。 

ーーーーーーーーーーーーーーー
56
https://instagram.com/p/4pHZ0zR_3e/ ←動画はリンク先へ

そしてアコースティック・セクションで 
T1STORYの'時間の流れ'によって
最初のアルバムから、今までの曲を逐次的に進行して伝えようと努力しました。
いつもよりメンバーらと疎通が多く、
心血を注いで神経使ったセクションでした。
踊りと音楽で行われたパフォーマンスは私自らも、また、メンバーたちにも 
いつも自信のある部分なので、大きな心配はないが、
バンド音楽とメンバーのボーカルだけで構成された舞台は 
他のプロダクションが大いに必要せず、
純粋にメンバーとバンドだけで引っ張っていかなければならない舞台だから 
集中とお互いの呼吸が極度に必要な作業でした。
#少し遅れた
#Epilogue
#TVXQ
#T1st0ry
#文章を書くのが世の中で一番難しいよう
#前モムスているのを好きです
#不足した文を読んでくださって感謝します

ーーーーーーーーーーーーー
06
https://instagram.com/p/4pJP8JR_6O/  ←動画はリンク先へ
オマケ
#私も見守りながら
#爆笑した
#いきなりの
#即興アドリブ

ーーーーーーーーーーーーーーー
14
https://instagram.com/p/4pL3MQx__B/ 

TVXQ!-[T1st0RY]エピローグ
 
今回のコンサートを最後まで進めてきながら 
私は、一人の人間に成熟できるチャンスであり
私を省みることができる大きな機会でした。
 
私もそうだし、長時間東方友達と一緒に舞台ともにしたダンサーたち、 
そのほか近いスタッフの方たちと多くの感情や考えが交わされました。
私たち一緒に口をそろえて言ったのが、
'再びこのような友達に出会うことができるだろうか?'
お互いに聞きました。
この2人の友達を通じて、この多くのスタッフはこれまでの良い思い出が積もって
今までの感情を共有して、
心から笑って泣かせた暖かいアーティストだと私たちは話します。
スタッフら一人一人を一人の人間として接して配慮し、
一人の人間として近づくことのできるやつらなので、
つらく苦しくても、この友達とは最後まで行きたい気持ちで
今回のステージを一緒にしようとしました。
 
しばらく別れを告げなければならない瞬間がきたが、
またこの友達が元の場所に帰ってくれば、 
きっとこれまで一緒にした多くのスタッフは、元の場所に戻って来ると思います。
 
愛することを知って愛されることを知っている
誇らしいこの2人の友達の人生に
幸福と笑いだけが訪れるよう望みながら、
私は両腕を開けてもとの場所に戻ってくるその瞬間を待ってます。
 
ありがとうございます。
 
#TVXQ 
#T1st0ry
#And 
#AnotherTiStory